アイシングクッキーの作り方

アイシングクッキーは自分の好きなようにクッキーをデコレーション出来る楽しいお菓子です。ちょとしたパーティーやプレゼントなどに喜ばれます。

サイトトップ > アイシングクッキーを作るコツ

スポンサードリンク

アイシングクッキーの作り方

アイシングクッキーを作るコツ


卵白を練って真っ白くする作業は、手でやるとかなり時間がかかり、腕も疲れます。そういう時にはミキサーを利用しましょう。ミキサーに練り込み用のパーツを付けて弱めにしてじっくりとかき混ぜましょう。


泡立て用ではないので間違えないようにして下さい。卵白を白く練ることは、非常に大事なことです。白く練らないと、乾燥した時にムラが出来たり、上手く乾かなかったりしてしまいます。


また、卵1個分の卵白全部に砂糖を加えると、結構たくさんの量のクリームが出来てしまいます。卵白を少しだけとって、砂糖を少しづつ加えていったほうが、無駄にならないと思います。


アイシングクリームの硬さの調整も簡単ではありませんが、何回か作っていくうちにコツをつかみましょう。線を描いたり縁取りをしたりするためのアイシングクリームの固さは、ボウルからすくったアイシングクリームをスプーンで細くたらした時に、線が太くならないくらいが最適です。


柔らかすぎると線を描いた時に太くにじむし、硬いと線がよれて真っすぐラインがひけません。逆に、クッキーの全面に塗るようなアイシングクリームの柔らかさは、ボウルからすくったアイシングクリームをスプーンで細くたらした時に、じわっとクリームにとけ込んで線が残らないくらいが良いと思います。柔らかさが足りないと、表面にクリームの筋波が出来てしまってきれいに平らになりません。ただし、水分が多すぎるとクッキーが乾燥しにくく、シッケやすくなります。


アイシングクッキーの作り方

MENU



スポンサードリンク